レテ

故は運命に非ず

「レテ」
彼女はそう呼びかけて、レテの許へと歩いてきた。翳のある微笑み。
こちらの陣営に彼女がいるというのはまるで自然な風景で、その実道理としては少しおかしいようで。
「……ジル」