楽園追放 ―Children’s AnotherEden―

つまるところ
私をいつも前に進ませていたのは
「有名になりたい」といった夢や
「あの人が好き」といった恋愛感情ではなく

「殺してやる」という敵意だった

梅原英司×MAGES.×園心ふつう『Chaos;Child -Children’s Collapse-』より
(講談社シリウスコミックス 2017)

 

 

 

その女は最早少女でないにもかかわらず、
セカイに抗うだけの無邪気さを持ち合わせていた。
幸福とも呼べるし愚かでもある。

その女の、
傲慢で挑発的な、
純粋で鮮烈な意志は――
やがて断罪を超えひとつの結末へ至る。

楽園追放。

安息の地は二度と戻らない。