二次創作

科学ADV / ファイアーエムブレム / プロジェクトセカイ

 

科学ADV

他多数
※バナークリックで一覧に飛びます

 

 

ファイアーエムブレム

他多数
※バナークリックで一覧に飛びます

 

 

プロセカ
  • 霽月の一片

    買い物に行った帰り、穂波は妙な男を見かけた。
    見覚えのある背中をこちらに、彼は軒下で腕を頭上にかざしたり手のひらを空に向けたりしている。 ――司さん、何やってるんだろ。

  • それは僕のかたちをしている

    冬が得意なわけではないが、冬の空気は割と好きだ。
    シブヤの公園。冬弥は黒い革の手袋でチェスターコートの袖を押さえ、腕時計の文字盤に目を落とす。
    「青柳くん、こんにちは」

  • Be your/Santa Claus

    12月25日、教室のセカイに現れた星乃一歌はパジャマ姿だった。
    前開きの上着にゆったりしたズボン、同じチェック柄の上下に身を包み、両手で胸元を抱いて黒板の前に立ち尽くしている。
    幼い子供のように頼りない格好。このセカイの存在にその表現を使う権利があるとすればだが――とても現実感がない。

他多数
※バナークリックで一覧に飛びます